« 山本順三君を励ます会 | トップページ | 青年局長・部長並びに女性局長合同会議 »

2009年12月16日 (水)

政治主導?

 今回の習近平中国国家副主席と天皇陛下との会見に関する小沢民主党幹事長の記者会見には本当に驚き、あきれ、全く言葉もありません。

 これが新政権の主張する政治主導の実態なのでしょうか。

 天皇陛下や皇室に対する畏敬の念がみじんもなく、自分達が決めたことに対しては政治主導という名のもとに何でもゴリ押しすることが果たして民主国家たる日本の政権与党に許されることなのでしょうか。

 一方では一官僚たる羽毛田宮内庁長官に辞任を要求し、他方社保庁の処分されている職員の殆どを新たな年金機構に自治労の要求どおり再雇用させるという手法が、政治主導という一言で済まされるはずもありません。

「最後は私が決めます。」

「私を信じて下さい」と言う鳩山総理が、結局普天間飛行場移設先決定を何の方針もなく先送りする事態になったことを憂慮すると共に、総理の発言の軽さとブレに唖然としています。

 小沢独裁政権の如き今の民主党政権では日本丸が漂流するに違いありません。我々自民党は、今回の敗戦の検証をし、自由と民主の下に新しい旗を立て、我が党の政治理念と基本政策、そして謙虚さの上に立った政治姿勢を再構築して、一日も早く国民の皆さんの信頼を取り戻さなければならない、そして政権政党としての復活を遂げなければならないと決意を新たにするところです。

« 山本順三君を励ます会 | トップページ | 青年局長・部長並びに女性局長合同会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本順三君を励ます会 | トップページ | 青年局長・部長並びに女性局長合同会議 »