« 山本功氏 旭日小綬章受章祝賀会 | トップページ | 畜産関連 陳情 »

2010年2月17日 (水)

橋本聖子日本選手団長の決断

 バンクーバー冬季オリンピック第4日、スピードスケート男子500mで、長島・加藤両選手の日本勢初のメダル獲得(銀・銅)という待望のニュースが飛び込んできました。

 上村愛子選手のくやし涙の後だけに、日本国民を勇気づける快挙となりました。橋本聖子日本選手団長の嬉し涙も印象的でした。

 その橋本聖子団長。

 私とはもう長年にわたる親しいお付き合いを頂いており、最も尊敬できる友人の一人です。

 その聖子団長が、今回オリンピック スノーボード男子ハーフパイプ代表の国母和宏選手の服装の乱れを厳しく指摘したことはご案内のとおりです。

 その後の国母選手の記者会見の様子にあきれた方も多数おられたことでしょう。

 全く幼稚で日本選手団員の一人としての覚悟のなさを受け、日本スキー協会は国母選手の出場辞退を申し出たとのことでした。

 そこで橋本団長は、その決定を受けとめ、国母選手に厳しく反省を求めた上で、競技に全力を尽くすことにより、自らの責任を果たすよう促したとのことでした。

 いやはや素晴らしい裁定ではないですか。

 国母選手の将来のために、ここで出場を辞退させるべきなのか、或いは事の重大さを教えつつ、再起の道を歩ませるべきなのか、その結果はわかりませんが、少なくとも、教育者=指導者としての橋本団長の決定は、恐らく正鵠を得たものではないでしょうか。

 さすが、日本選手団長だけのことはありますよね!

 橋本団長の大岡裁定をしっかりと受けとめ、国母選手には立派な成績を残し、人間的成長を遂げてもらいたいものです。

 もちろん、愛媛県出身者で初めて冬季オリンピックの代表となった青野令君にも是非同じスノーボード男子ハーフパイプでの金メダルを期待しています。

« 山本功氏 旭日小綬章受章祝賀会 | トップページ | 畜産関連 陳情 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本功氏 旭日小綬章受章祝賀会 | トップページ | 畜産関連 陳情 »