« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | お知らせ »

2010年3月 9日 (火)

「今さえよければいい」

 最近 子育て真っ最中のお母さん達の子ども手当てに対する考え方が少し変化しているように感じています。

 私はお会いする機会のあったお母さん方には必ず問いかけるようにしています。「子ども手当をどのように受けとめていますか?」

 殆どのお母さん方は、「大変うれしいし、助かると思います」と答えられます。しかし、最近その言葉の後に、「でも、本当にもらっていいのかなと少し疑問にも感じます。」というコメントが続くようになってきました。

 たとえば、子ども二人の家庭では、来年から毎月5万2千円の手当てが支給されることになります。

 確かに保護者にとっては嬉しいことでしょうが、果たしてそのお金がすべて子どものためだけに使われるか否か、イエスと答えられるお母さんは少ないのかもしれません。

 もしかすれば、苦しい家計のたしになったり、お父さん・お母さんの小遣いになったり或いは貯金にまわってしまうかもわかりません。

 そのことを一番よく知っているお母さんだからこそ、本当にもらっていいのかなという感想が出てくるのではないでしょうか。

 財政的に余裕のある国ならば、良き政策であるかもしれませんが、国が借金をして子ども手当ての原資を確保し、保護者に多額のお金をばらまくことが、何を意味するのか、少なくとも自分の子どもの将来に大きな借金というツケまわしをすることになることを皆さんが鋭く感じ始められたのだと思います。

 さらにあるお母さんは、「自分は毎日パートに出て頑張って仕事をしていますが、5万2千円も毎月稼ぐことは大変なことです。何の汗も流さずお金を頂戴することに対して若干の違和感を持ってしまいます。」と話されていました。

 何の所得制限もつけずに、我々の税金や借金によって大判振舞いをする政策を我々は何としても見直していくべきだと確信しています。

 このような日本の国柄を変えてしまうが如き政策ではなく、子どもにかかる教育費の低減をめざして、いわゆる現物支給をしていく政策こそが優先順位としては上位にあげられるべきだと思います。

 すなわち、幼児教育の無償化・子どもの給食費・医療費の低減等によって教育にかかる費用を低くおさえ、子どもを育てやすい教育環境の整備をすることこそが今求められていると確信します。

 皆さんいかがでしょうか。

 今の新政権の基本的政策理念を敢えて探すならば、この子ども手当てにしろ、高速道路無料化さらには外交・防衛政策についても、

「今さえよければいい」

「自分さえよければいい」

という今までの日本の国では考えられないような政策理念を見い出すことができるのではないでしょうか。

 私達自由民主党は、そのことを明確に否定し、新たな政策理念の旗を掲げていかなければなりません。

 皆で頑張りましょう。

« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | お知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | お知らせ »