« 愛媛県薬剤師会 第58回通常代議員会 | トップページ | いわぎ桜まつり »

2010年3月30日 (火)

文教科学委員会にて

 本日(3月30日)午前10時よりいわゆる高校授業料無償化法案審議のための文教科学委員会が開会されました。

 午前中は鳩山総理にも出席いただいての審議となりましたが、我が党からはヤンキー先生こと義家弘介議員が質問に立ちました。

 鳩山総理の迷答弁は相変わらずです。

 私も前回委員会で質問しましたが、この法案の内容についてはもっとしっかり精査をしなければならない点が多数あります。

 たとえば、海外へ留学している日本人高校生には就学支援金が支給されないにも拘わらず、各種学校である外国人学校へ通う外国人高校生に対しては支給される場合もあります。

 この点に関し、鳩山総理は留学している日本人の生徒に対しての対応は、3年後に見直す条項があるので、考慮する必要があるという趣旨の発言をされました。

 今日3月30日です。この法案は、本日の委員会採決をへて、明日31日に成立するのでしょう。

 そして4月1日から施行されます。

 にも拘わらず、このような問題点があることを総理も認めながらも、性急に成立させようとしている訳です。

 今ならまだ修正できるのに・・・。

 また、朝鮮学校の扱いをどうするのか、まだ決定されておらず、今後第三者機関によって検討してもらい、8月までに省令で確定するとのことです。

 国民が大いなる関心をもっている朝鮮学校への対応も決めずして法案成立を急ぐことは拙速にすぎます。

 はじめに高校授業料無償化ありき。

 マニフェスト至上主義・選挙至上主義の新政権であるが故に、夏の参議院選挙に間にあわせようとしているとしか思えません。

 非常に重要な恒久法となる今回の法案について、財源の問題や様々な問題点の検証・修正もなく拙速に成立に導こうとする民主党の強引な手法を憂慮しています。

 我々自民党は健全なる野党として、全面反対の立場ではなく、法案の理念や問題点を明らかにすべく今後ともしっかりと議論を続けていこうと思っています。

« 愛媛県薬剤師会 第58回通常代議員会 | トップページ | いわぎ桜まつり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛県薬剤師会 第58回通常代議員会 | トップページ | いわぎ桜まつり »