« 今治サッポロビール愛飲会 | トップページ | ㈳日本塗装工業会愛媛支部 第53回定時総会懇親会 »

2010年4月22日 (木)

日本の危機突破へ向けて

 「みんなの党」に続いて、「たちあがれ日本」・「日本創新党」が立党し、舛添参議院議員周辺にも新党立ち上げのムードが漂っています。

 この時期、民主党に対する期待はずれ感や幻滅・失望感は大変広く蔓延しており、このままでは日本がダメになると真剣に心配する声が溢れています。

 一方 我が自民党も、新党立ち上げや参議院選挙公認問題でのしこりなどにより、さみだれ的に離党者が続き、党本部の混乱などにより反民主党の皆さんの受け入れ先になっていない状態が続いています。

 その結果として、新党がその受け皿になるべく、次々と立ち上がり、政界再編への道筋がかい間見える程の様相を呈し始めているのでしょうか。

 私も連日参議院選挙に向けての挨拶廻りをしていますが、「自民党は何をしておるのか」というお叱りや、「自民党しっかりしろよ」という激励の声が多数よせられます。

 今程、国民の大勢の皆さんが日本の行く先への不安や危機感を表明されている時はないと思っています。

 このような時にこそ、我が自民党は一致団結し、この国の危機を突破するための新たな組織を立ち上げ、若手を中心にしたプロジェクトチームによる現地視察団を編成し、直接国民の皆さんの声にしっかりとこたえていくことが求められていると確信します。

 自民党組織全体の山を動かすが如き行動力が今こそ期待されているのではないでしょうか。

 単なるリーダーや執行部のみの資質の問題に矮小化すべき状況ではないと思っています。

« 今治サッポロビール愛飲会 | トップページ | ㈳日本塗装工業会愛媛支部 第53回定時総会懇親会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今治サッポロビール愛飲会 | トップページ | ㈳日本塗装工業会愛媛支部 第53回定時総会懇親会 »