« 民主 迷走 | トップページ | 自民党愛媛県東予ブロック青年局・女性局 合同研修会 »

2010年6月 4日 (金)

新総理誕生に際して

 菅総理の誕生です。

 本日参議院でも本会議が開会され、首班指名選挙が行われました。

 あまりにも軽い総理の言葉、自らの政治とカネの問題等により自沈してしまった鳩山内閣は、あまりにも罪つくりな内閣でした。

 沖縄の人々の心を傷つけ、日米同盟の根幹をゆるがし、日本の国際社会における信頼を失ってしまったことの代償は大きすぎます。

 今ここで鳩山内閣によって失われた国益の大きさを指摘することは避けますが、新たな菅内閣ではしっかりとその検証をされ、与党としての責任ある対応を期待するところです。

 私達自由民主党も、この総理交代を冷静に受けとめ、是は是、非は非の立場から誤った政策に対しては厳しい追及の手をゆるめないことが必要です。

 そして何よりも重要なことは、我々が政権奪還をめざしてこの国のあるべき姿、進むべき道しるべを明確に指し示し、そのための具体的政策を提案し、その実行のために全力を傾注する姿と覚悟を国民の皆さんに受けとめてもらうことでしょう。

 その地道な努力を重ね、来たる参議院選挙に際して、丁寧に説明責任を果していくことが肝要であることを自戒しながら、私も全身全霊で走り廻ります。

« 民主 迷走 | トップページ | 自民党愛媛県東予ブロック青年局・女性局 合同研修会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主 迷走 | トップページ | 自民党愛媛県東予ブロック青年局・女性局 合同研修会 »