« 本来の事業仕分けへ向けて | トップページ | 尖閣諸島は我が国固有の領土 »

2010年10月26日 (火)

参議院予算委員会

 昨日は参議院予算委員会においてテレビ入り集中審議が行われました。

 質問に立ったのは礒崎陽輔、森まさこ両議員です。

 仙谷官房長官の虚偽・所管外・恫喝的な答弁に対する陳謝の内容についての追求や小沢・鳩山問題及び蓮舫問題(事務局への責任転嫁)に対する厳しい指摘の場面では、硬軟おりまぜた質問に対して菅総理や各大臣が逆ギレする場面も多々ありました。

 さらに尖閣諸島に関する問題点や事業仕分けメンバーの法的根拠、さらには国家公務員人件費2割削減というマニフェスト違反に対しても厳しく追及が行われました。

 北海道5区補選における我が党 町村信孝先生の圧勝に勢いづいた、与党への厳しい論戦が再スタートです。

 二人とも野党として大変素晴らしい質問でした。

 今 我々国対においても、国会法39条違反となるであろう事業仕分けチームの正当性の有無、期限切れメンバーだらけの国会同意人事にみられる官邸の人事管理のズサンさなど、攻める参議院自民党として与党を徹底的に追い込んでいくつもりです。

 それにしても、政治とカネに関する民主党の自浄能力の欠如、菅総理のリーダーシップのなさ、仙谷官房長官や蓮舫大臣の虚偽答弁、さらに加えて鳩山前総理の二転三転するいつもの軽すぎる発言には唯々あきれ、その政権担当能力のなさを露呈していると情けなく思っています。

 せめて、内容のある補正予算案を提示し、その財源を明らかにしてバラマキ政策の補正をし、昨今の厳しい経済情況の打開に努めてもらいたいものです。

« 本来の事業仕分けへ向けて | トップページ | 尖閣諸島は我が国固有の領土 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本来の事業仕分けへ向けて | トップページ | 尖閣諸島は我が国固有の領土 »