« 今治シティマラソン2010 | トップページ | 津島町商工会50周年記念式典 »

2010年10月 7日 (木)

衆・参 代表質問戦始まる

 昨日 衆議院において 谷垣総裁・稲田議員の代表質問があり、本日からは参議院においても質問戦が始まりました。

 朝9時10分からスタートする衆議院自民党国対においては、逢沢国対委員長より衆議院本会議場での熱気(ヤジ)が低調であるとの話がありましたが、参議院においては大変熱気のある本会議場である旨の報告を私からしておきました。

 本日我が党からは小坂参議院幹事長が自民党を代表してメリハリがあり迫力ある質問をしましたが、菅総理からは、「逃げ菅」の名のとおり、元気のない「かわし答弁」が返ってくるばかりです。

 ご多分にもれず、質問に対しては盛大な激励の声援や拍手が、答弁には厳しいヤジが飛びかう熱気のある議場となりました。

 「はたして菅総理は、日本の領土と主権を守り、国民の安心・安全を命がけで確保する覚悟があるのであろうか」

 今回の尖閣諸島中国漁船衝突事件に対して、相変わらず検察への責任転嫁ともいうべき無責任な答弁を繰り返すのみです。

 あの衝突時のビデオすらまだ見ていないとあきれた答弁を続けています。我々はこのような総理に日本の将来をまかす訳にはいきません。

 またわざわざ決定していたASEM会合において、自ら中国語の通訳をつけずに中国温家宝総理と立ち話をしたことを誇りながら、フジタの一人残された社員の解放についてさえ、要求したか否かの答弁も回避されています。

 何をもって菅総理はその職を全うする覚悟があるのでしょうか。

 補正予算についても、まだ今に及んでその骨格すら示すことなく、マニフェストの変更や消費税等による財源確保にも言及しない大変おぼつかない答弁です。

 さらに国民が注視している小沢元代表の起訴相当との決定に対しても、「国会での議論を、小沢氏自身の判断を」と繰り返すのみであり、民主党としての政治とカネに関する問題解決への方向性すら示すことができません。

 まだ小沢擁護をせざるをえないのでしょうか。

 私達は、菅内閣の政権担当能力の欠如を厳しく指摘すると共に、日本の主権・領土・国民の安全・安心を守る覚悟を国民の皆さんにお示しします。そして率直に財政状況を説明しつつ今後の日本社会のあり方を構築する道筋を立てていくべく国会論戦を深めていかなければなりません。

 続いての予算委員会における質問戦に注目して頂きたいと思っています。

 今 共産党の志位委員長が代表質問している様子をテレビで観ています。尖閣問題についての主張は我々とあまり変わらないんだなあ・・・。

 それ程、菅総理の無責任な外交・防衛意識は深刻です。

 我々自民党は、政権交代の反省の上に立っていつでも政権の受け皿になる用意があることを主張し続けていく覚悟です。

« 今治シティマラソン2010 | トップページ | 津島町商工会50周年記念式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今治シティマラソン2010 | トップページ | 津島町商工会50周年記念式典 »