« 尖閣諸島は我が国固有の領土 | トップページ | 世論調査 »

2010年11月 2日 (火)

どうなる日本外交

 日本の外交が機能不全状態になっています。尖閣諸島をめぐる中国との軌轢に加え、昨日ロシアのメドベージェフ大統領が我が国固有の領土たる北方領土の国後島を訪問しました。

 普天間基地移設問題に端を発したアメリカとの信頼関係の崩壊により、中国・ロシアは共々に、脆弱な日本の弱腰外交の足もとを見つつ、このような強硬姿勢に打って出たとしか考えようがありません。

 日本の領土を守り、主権を守り、国民の生命財産を必ずや守るという強い意思に欠ける民主党政権の限界が露呈しています。

 「もうこれ以上国益を損なってはならない。」

 「一体この政権交代は何だったのか」

 国民の皆さんの将来を心配する声が多数私のもとへ届いています。

 加えて、鳩山前総理の驚くべき ノー天気な発言、「正しいことを言うときは少し控えめにするほうがいい」という外交術指南には唯々あきれ、失笑するばかりです。

 鳩山さん、あなたの「普天間基地は海外へ、少なくとも県外へ」という言葉、「トラスト・ミー」という言葉から始まった日米同盟及び日本外交の劣化をもうお忘れになったのでしょうか。

 また中国漁船衝突事件のテープの公開を決断できない状況の中で、中国の理不尽な主張をただ単に冷静に受けとめているだけに留まらず、テープ公開そのこと事態が中国の対日外交手段に利用されていることを政府関係者は誰も憂慮していないこと自体驚きとしか言いようがありません。

 もうこれ以上日本の国益を損ねないで頂きたい。

 民主党政権に一刻も早くレッド・カードを提示しなければなりません。

« 尖閣諸島は我が国固有の領土 | トップページ | 世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尖閣諸島は我が国固有の領土 | トップページ | 世論調査 »