« タイガーマスク考 | トップページ | 平成22年度 愛媛県水道事業功労者表彰式 »

2011年1月14日 (金)

ああ、勘違い

 民主党が混迷しています。

 12日の両院議員総会・13日の党大会における内紛の状況は見るに忍びない様子です。

 現民主党政権に対する国民の皆さんの期待値は急激に低下していますが、その原因は今更言及するまでもありません。

 にも拘わらず、菅総理からは

「自らの政権運営は大きく見て間違っていなかった。自信を持って前に進んでいこう」

 岡田幹事長からは、

「党内の内紛とか、中で争っているということは全く認識はない」

というような発言があること自体にリーダーたる者の冷静沈着な分析がなされているとは到底推察できません。

 まさに あゝ勘違いというところでしょう。

 本日は、内閣改造が行われました。

 一体何処に最強の内閣というべきところがあるのでしょうか。

 私は大変不見識な内閣であると断じざるをえません。

 仙谷・馬淵両大臣を更迭したこと、また岡崎大臣の解任は当然として、自ら問責決議案を提出されながら、会期末処理も行わずに国会を閉幕してしまった江田前参議院議長が、三権の長たる者の重みも全く理解せず、こともあろうに法務大臣に就任するとは笑止千万です。

 また、与謝野大臣の就任には、与党から怒りの声が、野党からはあきれたとの声が多数寄せられています。

「平成の脱税王」

「民主党政権打倒のため たちあがれ日本を立党した」

 この勢いある与謝野大臣の声はどこへ行ってしまったのでしょうか。

 史上初めて仏滅に誕生した菅改造内閣はその言葉どおり 仏滅改造内閣として 崩壊の道を辿っていくしかないと確信するところです。

 24日に開会される予定の通常国会における厳しい論戦の中で、来年度予算案の問題点が浮きぼりになるでしょうが、私達は国民の安心安全確保のための諸施策を愚直に提言していく覚悟です。

 (追)今 馬淵国交大臣が退任挨拶のため 私の部屋にこられました。人間的には なかなか立派な人だと個人的には思っています。

« タイガーマスク考 | トップページ | 平成22年度 愛媛県水道事業功労者表彰式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイガーマスク考 | トップページ | 平成22年度 愛媛県水道事業功労者表彰式 »