« 「日本の危機を乗り越えて」 | トップページ | 自民党緊急災害対策関係ニュース »

2011年3月22日 (火)

今、大切なこと

 東日本大震災による被害は、相変わらず大変厳しい状況であり、福島第一原発もまだまだ深刻な事態を脱し切れていません。Kizuna_5

 一日も早く復興に向けて 全力を傾注できるよう、原発の安定を願うものです。

 被災者の皆さんへの支援も日本国民あげて対応していかなければなりません。

 ところで、先般 菅総理から谷垣総裁に対して「副総理兼防災大臣で入閣してほしい」との電話がありました。

 谷垣総裁は、現在震災復旧に関して全面的な協力をしており、今後とも協力を惜しむものではないとの前提に立ち、入閣については 政権の枠組みに関する問題であり、政策協議もないまま あまりにも唐突に、それも電話で依頼された事に対し、明確に断りを伝えられました。

 至極当然のことだと思います。

 今、谷垣総裁が突然民主党政権に入閣したとしても、単に体裁を整えるだけの意味しか持たず、逆に指揮系統が混乱し、迅速・柔軟な震災対応にとってはマイナス材料にしかならないと思っています。

 中には、この国難の時、挙国一致救国内閣の必要性を説く方もおられましょうが、組織論としては あまり適正な方法とは言えません。

 まずは、与野党一致協力して、「各党・政府震災対策合同会議」及び「実務者会合」をさらにレベルアップし、多方面からの支援体制を整備することが急務であると思います。

 我が党としても、引き続き震災復旧に関して手を緩めることなく、全面協力していかなければならないと確信するところです。

 それにしても、今このような状況の中、人事のことや自ら被災地へ赴くことだけに腐心し、相変わらずのパフォーマンスに終始する政府の対応に疑念と不安を覚えているのは私一人だけでしょうか。

« 「日本の危機を乗り越えて」 | トップページ | 自民党緊急災害対策関係ニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日本の危機を乗り越えて」 | トップページ | 自民党緊急災害対策関係ニュース »