« 熊野山石手寺 節分祭 | トップページ | 食物連鎖の不安 »

2012年2月 6日 (月)

政府の欺瞞

 本日(2月6日)午前9時から 参議院予算委員会がNHKTV入りで開会され、第四次補正予算案の審議がスタートしました。

 我が党からは 論客の脇雅史・林芳正・礒崎陽輔各議員が質問に立ち、野田内閣の問題点を厳しく追及したところです。

 脇国対委員長は、民主党政権の行政組織が法律にのっとって設置されていないという重大な指摘をし、残念ながら野田総理はじめ各閣僚からは明確な答弁は返ってきませんでした。

 いつもながらに思いつきで組織を乱立するいつもの民主党政権の粗末さが如実に表れており、憲法・内閣法に基づいた法律を根拠とする行政が行われていない現実が明らかとなりました。

 法律を無視するが如き民主党政権の面目躍如といったところでしょうか。

 また、林・礒崎両議員からは、税と社会保障の一体改革に関して、

・民主党内部の合意形成が困難である

・素案の数字的根拠も示さず 野党に協議を求めることは失礼である

・最低保障年金を主張する民主党の試算内容を明確にして議論を始めるべきである

等々の論点を突きつけて野田内閣の考え方を追求しましたが、極めて曖昧な答弁しか返ってきません。

 この国会中継をご覧になった方々は、「協議に参加してほしい」という一点張りの野田総理の理不尽さを十分ご理解いただけたのではないでしょうか。

 今後も事前協議ではなく、広く国民の皆さんに議論の内容が十分伝わるような論戦を展開しながら、最終的な方向付けを与野党共に責任をもって決定していくことが重要だと再認識したところです。

« 熊野山石手寺 節分祭 | トップページ | 食物連鎖の不安 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野山石手寺 節分祭 | トップページ | 食物連鎖の不安 »