« ロシアとの北方領土問題の行末 | トップページ | 自由民主党大洲支部 第52回定期総会 »

2013年4月18日 (木)

長寿は一日にしてならず

 またまた 4月18日付毎日新聞夕刊からのホット情報です。

 厚生労働省の発表によると、長寿日本一は男女とも長野県、男性は80.88才、女性は87.18才とのことです。

 その秘訣とは…

 長野県飯田保健所長の佐々木隆一郎さんによれば、

①農家戸数が全国で最も多く、体を動かして働く高齢者が多い。

②野菜を多くとり、薄味を重んじる食習慣

③食生活改善推進員制度

とのことです。

 特に②と③については、もともとは野沢菜にみそ汁中心という塩分摂取中心の食生活を、食生活改善推進員制度により 薄味中心の食事に変えていったというから驚きです。

 「みそ汁は1日1杯」

 「漬物も1日小皿1皿」

 「ラーメンやそばの汁は半分残す」

 「食卓には塩やしょうゆさしを置かない」

 これらの県民ぐるみ活動により、減塩促進が進み、脳血管疾患や胃がんの死亡率が大幅に低下したそうです。

 加えて、長野県は1日の野菜摂取量が全国一という特徴もあり、野菜の繊維質が腸の掃除をして大腸がん予防し ビタミン類やカロテンががんリスクを抑えるとの研究成果もあるとのことです。

 それにしても 長年の食習慣を、県民総ぐるみ運動で切り替えることに成功した長野県の県民性には 本当にびっくりします。

 ちなみに、この逆なのが青森県だそうです。

 我が愛媛県はどうなのでしょうか。

« ロシアとの北方領土問題の行末 | トップページ | 自由民主党大洲支部 第52回定期総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアとの北方領土問題の行末 | トップページ | 自由民主党大洲支部 第52回定期総会 »